2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈本〉の彼方 4

荻生待也 編著
『図説ことばあそび 遊辞苑』・評(遊子館)
―「図書新聞」掲載

 クロスワードパズル、語呂あわせ、駄洒落、しりとり、アナグラム、回文……こうして思いつくままに並べてみると、二十一世紀の今日でも、私たちはけっこう言葉遊びを楽しんでいることに改めて気づかされる。短詩型文芸にいたってはそれ自体が「言葉遊び」と言われることもしばしばである。
 短い言葉を組み合わせて楽しむ娯楽を、私たちはどうしてかくも愛するのか。不思議と言えば不思議だが、ときにクロスワードに熱中してしまう自分を考えると、「言葉」を組み合わせたり分解したりする遊びは、組めども尽きない泉のように思われる。持てる知識や記憶を総動員して、複雑な謎を、からんだ毛糸玉をときほぐすように少しずつ解いていく。最後にパッと展望が開けたときの快感は、高い山を制覇したのとそんなに変わらないようにすら思われる。
 そんな快感がどこにもいかずとも、今すぐに机上で得られてしまう。それは言葉遊びだけが可能にしてくれる醍醐味である。
 本書はそんな言葉遊びを集大成した本格的な総合辞典である。
「十八系統、四百九十余項目に日本語言葉遊びの用語を収め、そのほとんどに解説と用例を掲げてある。この収載規模は、この種の出版物にかつて見られない豊富なものである。用例や参考例などの多彩さも合わせ、遊辞苑という名の総合辞典に恥じないもの、と自負している」
 編者が語るとおり、実に多彩な言葉遊びの宇宙に圧倒される。そして、こうした言葉との付き合いが、日本にあっては古事記の昔から、西洋にあっては紀元前数世紀の古代ギリシャの時代から、人を魅惑し続けてきたことを知るにつけ、人間と言葉の係わり合いの深さを思わずにはいられない。
「言葉遊びは古代の呪術や神事に端を発し、言葉には超自然の霊力が乗り移っているとする言霊信仰に言葉を戯笑化しうるエネルギーが込められていた……祝詞はたぶんに神がかり的であると同時に、戯れのための文彩(修辞)・弄辞を存分に駆使している。祝詞から祭祀の部分を取り除くと、あとには言葉遊びのエッセンスが残るといっても過言ではないのである」
 どこから読んでも面白いが、短歌や俳句にかかわっている人なら、第一章の「折句系ことばあそび」は親しい世界であろう。
 編者はこんな逸話を紹介している。「藤原定家はあるとき〈冠折句〉に遊び、いくつもの隠句をもって春・夏・秋・冬から恋・雑にわたる部位をなし、計百首を一日足らずで詠んだ」。これを耳にした慈円はその翌日、冠が「あさかすみ……」となる百首を、所要時間4時間で詠じて対抗したそうだ。なんだか子どもじみているが、言葉遊びは言葉好きをそんなふうにしてしまう魔力を秘めている。それもまた言霊の一種かもしれない。
 推理小説好きなら第五章「アナグラム系ことばあそび」に関心があるかもしれない。名前のアナグラム化はよく知られている。もしやと思ったら、案の定、本書の編者名荻生待也も本名である内山幸雄をアナグラム化したものであるそうだ。アナグラムは西欧の言葉遊びかと思っていたが、どうして、日本語でもかなり遊べる。「アナグラム戯句」「一首万化詠」「一句両吟」「天狗俳諧」……やはり短詩系は言葉遊びと密着しているようだ。
 第8章は「洒落系ことばあそび」。おやじギャグなど駄洒落は今日もっとも親しい言葉遊びのジャンルかもしれないが、意外に奥が深い。「〈洒落〉は江戸文化を派手に飾った知的産物で、天明記(一七八一?八九)にはおりからの〈狂歌〉大流行とあいまって、普及が頂点に達した。気のきいた〈洒落言葉〉や〈軽口〉一つ言えぬようでは江戸っ子でない、という風潮すら生んでいる」「〈洒落〉の精神は、近代へ入っても衰えをみせず、さらに現代に生きるわれわれの心根にも、風流を解する命脈として息づいている」
 古典落語は〈洒落言葉〉の宝庫だそうだし、落語の落ちも言葉遊びであるそうだ。言葉遊びは笑いとも深いつながりがあるのだ。
 謎なぞ、早口ことば、文字遊び……興味の赴くままにひもといていくと、時間がたつのを忘れてしまう。巻頭には文字絵の例として、小野小町の歌仙絵や無筆重宝国尽案内、其のまゝ地口猫飼好五十三疋などの錦絵が収録されていて、いっそう興味をそそられる。 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

梶葉子

Author:梶葉子
読書のよろこびはなにものにもかえがたいものです。
私を実に実に遠くまで連れ去って
みえない世界を垣間見させ
そこに吹く風や漂う香りを感じさせてくれる
書物に感謝しつつ
ささやかな感想をしたためていきま

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。